住宅における漆喰の使用について

自分は数年前に自己用の住宅を建築したのですが、一部の場所に漆喰を使いました。それは、洗面所です。漆喰は、吸湿性があるため、水分が多い洗面所には良いのではないかと思ったのです。また、真っ白な漆喰の壁は、見た目もとてもスッキリしていて良いと思います。
ところが、家に住みはじめて数カ月経ってくると、子供が汚れている手で触っているうちに、どんどん汚くなってきてしまいました。汚れを落とそうにも、拭いただけでは落ちないのです。
育ち盛りの子供がいる場合には、特に電気のスイッチ周辺には、汚れ防止のシートを貼るなどしたほうが良いかもしれません。
とは言え、そういった汚れも味わいがあるといえば、気にならなくなるかもしれません。ビンテージとか、アンティークとか、そういった感覚でしょうか。
また、漆喰は自分でDIYで塗ることも可能です。そういったことが好きな方は、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。ホームセンターなどに行くと、粉の漆喰だけでなく、すぐ塗れるようにチューブに入った漆喰なども売られています。
素人が塗ると、やはりきれいに塗ることは難しいですが、素人にしか出せない味が出てくるため、決して変な感じにはならないと思います。

鳥羽で漆喰の二世帯住宅を建てるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です